浦安山楽会
                               

背戸峨廊

いわきの瀬戸峨廊に行ってきました。
(2018/9/22)
渓流歩きですが、いくつもの滝があり、楽しむことが出来ました。紅葉の時期はさぞ素晴らしいことでしょう。

「背戸峨廊」の由来は、いわきの詩人草野心平氏の命名によるものでした。
滝の横を、鎖を頼りに、足元に注意して、慎重に登りました。
大変スリリングでした。
長い梯子もありました。

前のページへ戻る
浦安市生涯学習情報提供システム「まなびねっとURAYASU」