浦安市少林寺拳法連盟
                             

開祖デーの活動を行いました

 5月中旬、今年も開祖デーの活動を行いました。市内の明海・舞浜等において、同志が協力し合って、身の回りよりの活動を行って連盟設立より25年目と成ります。少林寺拳法活動の一つとして、開祖・宗道臣先生の命日である5月12日にちなみ、毎年5月を「開祖デー月間」としております。開祖が良く言われた「屁理屈より少林寺拳法のみの修練よりも、地域や人の為になれ」と言われた事を実践する為に社会奉仕活動及び地域貢献活動を通じて開祖の教えを実践の場として、当連盟では25年以上(道院では東京メトロの駅前清掃より開始されて34年以上)に亘り社会奉仕及び地域貢献活動を継続しております。

 
   


前のページへ戻る
浦安市生涯学習情報提供システム「まなびねっとURAYASU」