浦安市少林寺拳法連盟
                             

第7回田村道明先生との集いを開催しました

 7月上旬、専用道場などで田村道明先生との集いを開催しました。田村道明先生は、開祖・宗道臣先生の稀有の高弟で、高松中央道院長兼本部名誉役員を務められています。ご好意により浦安までお越し頂き、2日間に亘り、貴重なお時間を頂戴しました。

 学科は、田村先生が開祖から直接ご指導を受けられた「教範の各章の意味等」や「技術の変遷の経緯や釈杖伝など」の技術を交えての解説、法話を頂けました。技術は、一般部等の有段者としての剛法、柔法、演武、運用法、釈杖伝を披露させて頂き、ご助言等を直接に賜りました。

 田村先生との集いは今年で7年目となります。有り難き光栄に感じると同時に、このご縁を大切にしたいと思います。また、本部名誉役員の石井先生の貴重な法話やご助言等並びに、連盟名誉顧問の県議会議員の矢崎先生にも貴重なお話を賜り、充実したお時間でした。

 
   


前のページへ戻る
浦安市生涯学習情報提供システム「まなびねっとURAYASU」