浦安市少林寺拳法連盟
                             

春季合宿を開催しました

4月下旬、浦安市内で連盟春季合宿を開催しました。1泊2日の日程で、「日頃の教えの実践と同志の連帯」を深める事を目的に、鎮魂行、修練及び寝食を共にしました。学科では「合掌礼の価値」について道院長の法話があり「修行が道場の中にとどまることなく、日常の生活で実践して初めて幸福運動」と言われました。実技では部内での演武会等を行いました。バーベキュー会食では、当連盟名誉顧問である矢崎堅太郎県議会議員も駆けつけて頂き、活きた合宿となりました。

 
   


前のページへ戻る
浦安市生涯学習情報提供システム「まなびねっとURAYASU」